冠婚葬祭で葬式の費用においては

葬式というのは、冠婚葬祭の中でも色々と難しいことが多いです。まず、いきなり発生する可能性が高い冠婚葬祭です。冠婚葬祭の中でも結婚式などは、予め、数ヶ月単位前から、計画を立てて、そして、招待状を出して、人に来て貰うことになります。ですから、はっきりいって、何人くるのか、ということがわかっています。

しかし、葬式はそうしたことができないので、どうしても費用の計算が厳密にできないわけです。ですから、実は相当に多めに予算を立てておく必要性があります。これがとにかくお金がかかってしまう理由でもあります。しかし、最近では葬式も色々と節約をすることが増えています。

これを節葬といいます。やり方は色々とありますが、基本的には華美な装飾は避けることです。そもそも葬式ですから、そんなに豪壮にする必要性もない、という考えはありです。何しろ、細かく言えば、削れるところはいくらでもあるからです。

花代だったり、供物の費用あたりも相当に削ることは可能です。弔いのため、というよりは、このようなものは綺麗に見せるためにやっている、ということが多いからです。費用を惜しむことはないですが、無駄に書ける必要もないです。もちろん、基本的には好きにしたら良いです。

しかし、好きにしたらよいといっても、体面があるのも確かですから、そのあたりのバランスがとても大事になります。故人の別れにお金をケチったと言われる可能性はあります。それに耐えられるか、ということです。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.