ブラックフォーマルは必須

いつ何時何が起こるか分からないこの時代、様々な機会に色々な衣類を私たちは身につけますが、中でも着る機会は少ないのですが、無いと突然のことで困ってしまうのがブラックフォーマルです。普段着として町中を歩くものではありませんが、通夜や葬儀などの際には相手の親族への哀悼の意、そして何よりも亡くなられた方への哀悼の意を示すものとして色調に気を配るのも重要です。成人した時にそれまではご不幸があっても、学生服を着て参列をすればよかったのですが、社会人ともなるとそうは行きません。衣服の色調やデザインによっては亡くなられた方に対して失礼に当たる場合もあるからです。

なので成人を迎えたらブラックフォーマル、いわゆる喪服を一着は準備するようにしたいものです。きちんと準備して居ればフォーマルな衣類ですから男性の場合ですと、ネクタイを変えるだけで結婚式やその二次会、通夜や葬儀などに参列しても失礼のない格好になります。家族や親族が亡くなり参列者を迎える立場の場合ですと、なおさらのことで案内をしたり挨拶をしたりする立場なので普段着というわけにもゆきません。急な出来事だった場合、礼服店なども閉店していたりするので、普段から自分のスタイルに合わせたブラックフォーマルの衣類を準備するようにしておきましょう。

婚礼などの場合にはあらかじめ準備にも余裕があるのですが、逝去の場合はいつその時がやってくるのか分からないものだからです。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.