様々なタイプのブラックフォーマル

一口に喪服といっても大きく分けて3つのタイプに分類することができることは、ブラックフォーマルを選ぶ際に知っておきたいポイントの1つです。その1つは、正喪服と呼ばれるもので、幾つかの種類がある中でも最も格式が高いとされているものとなっています。これは喪主や遺族が着用するのに相応しい、弔事用の礼服です。正喪服は葬儀や告別式のときに葬儀を主催する人が着るブラックフォーマルで、基本的に一周忌まではこのタイプを選ぶとされています。

また正喪服よりもやや格式を落としたものには、準喪服があります。これは幅広い場面で選ばれているものです。一般的な参列者が着ることができるほか、喪主や遺族が着用することもあります。葬儀や一周忌はもちろん、その後の法事でも着る機会があるブラックフォーマルです。

さらに略喪服と呼ばれるものもあり、この場合では必ずしも黒ずくめでなくても良いのが特徴です。急に弔問する必要ができたときや、三回忌以降の法事ではこちらが選ばれています。一般的な葬儀ではなく、近年増えているお別れの会などの時にもこちらを着ることができます。ブラックフォーマルとして販売されている服は、これらの様に喪服として使用できるものが多いです。

黒い礼服のことをブラックフォーマルと呼んでいています。しかし中には弔事に使用でき、慶事にも使用することができるものもあります。女性向きの兼用するフォーマル服の場合、喪服としては略式にあたることもあるのが特徴です。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.