喪服の選び方に気をつけよう

お葬式に参列する際に着用する衣服を、喪服と言います。男性と女性では細かい部分でマナーが異なるため、その違いを知っておきましょう。女性の場合、喪服には3つの種類が存在します。最も格式が高いとされているのは、正喪服と呼ばれるものです。

光沢感のない落ち着いた黒無地の布地を使用しています。ワンピースやボレロ、アンサンブルとして着用されることが多いのも特徴です。男性のいわゆるモーニングと同等のフォーマルな衣装と言えますが、女性の場合はパンツスーツは正喪服の部類に入りません。お葬式では喪主と親族が着用することになっており、喪主より格が上の衣装を着用することはマナー違反となります。

準喪服は、お葬式や一周忌といった法要に参加する際など、幅広く着用することが可能です。女性の場合は、この衣装を持っているというケースが多く、どのような場面でも着用できるというメリットがあります。節度を守り、適度な部分であれば流行を取り入れても問題ありません。男性の場合で言うところの、ブラックスーツやスリーピースに該当します。

着用するときには、靴も黒に統一することを忘れてはいけません。靴下も黒色で統一します。女性の場合、衣装の生地については光沢感のあるものは避けて、透けて見えるような薄いものは使用してはいけません。夏であればレース、冬であればベルベット生地を一部分に取り入れることが出来ます。

季節感のある素材であれば、問題ありません。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.