マナーを守った女性の喪服の選び方

社会人になった際に突然の訃報が届く場合はあり、そんな時には直ぐに通夜や告別式に参列する準備が重要です。挨拶だけでなく着用する喪服なども、しっかりポイントを押さえて選ぶ事が必要になります。実際に女性が喪服を選ぶ際の押さえておくべきポイントですが、派手めなタイプの物は避ける事が基本です。喪服は光沢のないブラックスーツなどを選び、レースタイプやシースルーといったタイプはマナー違反となります。

また生地も光沢には十分注意する必要があるので、実際に自分で目で見て選ぶのもポイントの1つです。ただし喪服には控えめな刺繍がされている物などもありますが、控えめタイプであれば問題ないので大丈夫です。パンツスタイルを選んでも問題はありませんが、女性であればスカートタイプを選ぶ際は丈の長さをしっかり選ぶ事も必要になります。葬儀の際はあくまでも落ち着いた服装が基本となるので、スカートの丈の長さは膝下を選ぶようにします。

姉妹などで貸し借りをする人もいますが、その際は体型などを考慮するようにします。借りたスカートがひざ上になるのであればやはりマナーをまもって、自分の体型にあった喪服を準備する事が大切です。着用する際に素足で参列するのもマナーに反する行為のため、その際は黒いストッキングを使用するようにします。パンツスタイルの場合は足物が見えないからと気にしない人もいますが、マナーとして黒いストッキングの着用するようにします。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.