突然のお通夜…喪服の用意がない時の服装

「職場で突然取引先など仕事でお世話になった方の訃報を知り、急遽当日夕方のお通夜に参列することになった」…もしこのような事態になった時、どうしますか。香典袋はコンビニエンスストアなどですぐに入手できますが困るのは服装です。営業職や役職に就いている方ならお通夜や葬儀に参列する機会も多いですから職場のロッカーに喪服を用意している方もいらっしゃると思いますが、喪服の準備がない方のほうが多いのではないでしょうか。お通夜に参列する時には、やはり喪服を着て行くのが一番ふさわしいのですが、突然の訃報に急いで駆けつけるといった場合であれば地味な色目の平服で問題ありません。

会社にお勤めの男性であれば黒でなくてもダークグレーなどの暗い色のスーツを着て通勤されている方が多いと思いますので、そのままの服装で問題ないでしょう。ただ派手なネクタイやチーフはやめましょう。場所を取るサイズではありませんから、喪用の黒いネクタイを職場のロッカーやテスクの引き出しに置いておくのも社会人としての一つの備えかもしれません。女性も、花柄などの柄物や赤やピンクなどの服は避けるべきですがグレーや黒の普段着なら大丈夫です。

アクセサリーや髪かざり、バッグなども華美なものは避けましょう。あらかじめわかっていれば喪服で行き喪の気持ちをあらわすのが一番です。しかし平服であっても「取り急ぎ駆けつけた」ということが大切です。偲ぶ気持ちが伝われば故人もきっと喜んでくれることでしょう。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.