喪服を着るときは身なりとマナーを確認しておく

喪服は人が亡くなったときに、葬儀や通夜に着ていく服のことです。男性は黒のスーツを、女性はワンピースやアンサンブルになったものなどがあります。喪服を着るときには、メイクや小物類は派手なものは厳禁です。メイクは控えめに、バッグや履き物も黒の目立たないものにしましょう。

女性の履き物で、ヒールは低めのものを、男性はネクタイをしっかりとつけることが大切です。喪服は自分の年齢に合わせてタイプを変えるようにして、ワンピースタイプやアンサンブルでもデザインを考えて選ぶ必要があります。その価格はそこまで安いものではありませんが、年齢を重ねて同じものを着続けるのではなく、きちんと年相応のものを選択しましょう。喪服のデザインだけではなく、小物類も通夜や葬儀では女性はネックレスはパールの一連、ピアスなどでできれば外しておくほうがいいです。

また、男性の場合は靴が汚れていたりネクタイがよれているなど、ちょっとしたことに意識を向けておくようにします。喪服は個人と遺族への礼儀のひとつです。おしゃれをする場所ではないので、相手への礼儀を持って身なりを整えて参列することが大切です。遺族の気持ちを傷つけるようなことは絶対にせず、寄り添う心を忘れてはいけません。

年齢的に会社などで参列することがある人こそ、きちんと身なりと言動を確認し、事前にマナーを覚えておくようにしましょう。社葬などに参列するときには、先輩に確認してみると安心です。喪服のことならこちら

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.