お葬式は必ずやらなくてはいけないの?

日本国内では誰かが亡くなった時にはお葬式を行うことが普通です。特に景気が良かったころには親が亡くなったときには盛大なお葬式を挙げて最後の親孝行をするべきだといったような考え方が広くありました。しかし現代において絶対にお葬式をやらなくてはならないのかというと、現実としてはそうでもなくなってきています。そもそも日本という国は欧米諸国と比べて宗教的な考え方があまり無い国でした。

ここに至るまでにはさまざまな歴史があったのですが、少なくとも今日において毎日仏壇の前に座って両手を合わせているという人は少なくなってきています。そうした社会の在り方になっているわけですから、必ずしも宗教的儀式としての葬儀はやらなくてもよいと考えている人が多くなっているのです。加えてお葬式はかなりお金がかかるものです。全体の平均を見ても100万円以上かかっているところが多くなっており、景気が悪くなってから就職をしたような若い人にとってはかなり手痛い出費となることでしょう。

そうしたことを考えると、やはりそこまで高い費用をかけて葬儀をしなくてはならないというわけでもないとして考えられるのです。ただ全く何の式もやらないということになるといつまでも区切りが付かず、遺族となった人が立ち直れずに公開を抱えてしまうと言ったようなケースもあります。そのためお葬式を行うかどうかは人それぞれの考え方で良いということになるのですが、一切何もしないということになると後悔する可能性もあるという形で覚えておくとよいでしょう。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.