一般的な葬式の流れとは

葬式は、故人との最後のお別れのセレモニーとして、家族や親族、友人、会社の同僚、ご近所の方など、故人に縁のある方だけでなく、喪主となられるかたに縁のある方も集まるため、大規模なものとなるのが一般的です。しかし、葬式は、結婚式などと異なり予定して行うことは不可能であるため、ある程度の流れを知っておくことは非常に重要なことといえます。葬式は、臨終があり、自宅の安置、出棺、通夜、告別式、火葬という流れとなりますが、最近では、中陰法要や初七日法要といった各法要も行ってしまうのが一般的といえます。そのため、ある程度の費用や時間の余裕は必要となることを念頭に置いておくようにしましょう。

まず、臨終があった翌日には自宅で安置して枕教などを行い、さらに翌日に出棺、通夜となります。そのため、臨終のあとすぐに葬儀社の選定し、会場を決めてから縁ある方への連絡や新聞のお悔やみ欄への投稿など情報公開をしなければなりません。葬式の規模など、細かい打ち合わせはプランの中から選択し、見積もりを取ることが一般的なため、可能な限り、複数の葬儀社と比較することで、余計な費用をしはらうことなく、スムーズに葬儀を行うことができます。しかし、こうした時間の余裕がない場合は、しっかりとした実績のある古くから経営を続けている葬儀社に依頼することで、大きなトラブルを回避できるでしょう。

葬式にかかる費用は非常に高額となるため、追加料金などが一切ない見積もりであることをしっかりと確認することが重要です。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.