家族葬という形の葬式が目立ってきています

時代の変遷とともに、葬儀を執り行なう形も変わってきつつあります。葬式をする場所も自宅や集会所ではなくて、専用葬儀会館で行ったり、あるいは、無宗教葬の形態をとる事例も見られます。とりわけ、昨今は核家族化や経済的事情により、葬式のありようも抜本的に見直されて、社会的慣習に従っただけの葬式ではなく、費用もできるだけ抑えた形で行いたいとの声が、よく聞かれるようになってきたのです。そういった消費者ニーズに葬儀社が対応して、可能な限り費用を抑え、プラン化して出来上がったモデルが家族葬であると言われています。

一部には誤解されている側面がありますが、家族葬というのは、家族だけので密葬を意味するものではありません。そもそもは、密葬というのは、たとえば社葬などのように、後日、正式に本葬を行う前の葬儀のことが密葬とされています。家族葬の本来の趣旨は、形式的を優先させた葬儀ではなく、故人と遺族がメインとなり、故人とのお別れを最重要視したスタイルの葬儀を執り行なうというものです。家族葬とは、単に一般の葬儀の規模を小さくしたものではありません。

故人とのお別れの場を、家族と一緒に過ごしたいという思いを形にしたのが家族葬なのです。葬儀は大事な人との別れを惜しむ最後の場なのです。やり直しはできません。家族葬が普及してきたことによって、多くの葬儀社が親身になって相談に応じてくれます。

しっかりと打ち合わせをして、大事な人をお見送りしたいものです。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.