葬式がある旨の連絡が入ったら。

ご不幸があって葬式がある旨の連絡が入ったら、まず日時と場所と参列可能かの3つを確認しましょう。最近は家族葬や直葬といったごくごく少ない人数で静かに葬式を執り行うことが増えているからなのです。確認を取ることができる人がいる場合はその人に聞いてからの行動になりますが、いない場合は自分で確認をすることになります。一報が入った時に一連の連絡先がほとんどの場合明記されていますので、まずそこに連絡をとって確認をします。

最近は減っていますが、自宅や公民館で葬式を執り行う場合は自宅や公民館の管理係に連絡をして確認をする事になります。この場合の話し方としては簡単にお悔やみの言葉を言ってから日時と場所に間違いないか、参列可能かを聞きます。参列可能なら、後程伺いする旨伝えて一旦お話しを終えます。冬場の葬式の留意点は寒さに対する対策とコートを考えましょう。

足元や腰回りがどうしても寒さに弱いのでカイロや内側での重ね着などで自衛が必要です。女性の場合は黒色のストールなどをひざ掛けに代用できるようにするのも一つの方法です。会場まで着てゆくコートの形状には注意が必要です。明るい色のパーツや光る素材にパーツや布地であるものはベースの色が黒や灰色でもはずしておきましょう。

そして襟や袖などにファーなどがついている物ははずすなり別の物にかえるなりしておきましょう。考え方としては喪服に準じた色と素材の印象の物を着用する、という感覚でとらえておくとわかりやすいです。最近の葬式は以前と比べて細かな注意点が変わっているので、都度確認をするという事が大切です。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.