自分の葬式は形にこだわらず

葬式に参列する人が故人と親しいとは限りません。ほとんど顔を合わせたことのない親族とか、身内の知り合い、ご近所のよしみだったり、仕事関係の義理などで出席しなければならないことがほとんどでしょう。しかし、葬式の在り方、考え方はここ数年で確実に変化しています。10年前にはほとんど聞かれなかった家族葬という言葉。

家族葬専門の葬儀会社も増えてきました。過去に葬式というものは、ほとんどひな形に合わせ執り行われてきました。死を悼んでいる暇もないほど、形式的で忙しく、一定方式で流れて行くのです。それはある意味、故人を失った悲しみから逃避できるメリットもあるようです。

しかし、一番大変なのはよくわからないまま多額のお金が流れ、逆に香典という形でのお金が入ることです。中には香典を受けとらず、その代わり、香典返しも出さない流儀で進める人もいます。近親者のみで厳かに行う葬儀もあります。著名人などは、大きな会場で盛大に葬儀をします。

人を見送る行為としては、せっかくだから沢山の人に見送られた方がいいのではとも思えますが、残された家族への負担を思い、費用や時間をかけず葬り去られたいと願う人も増えています。それはその人それぞれの思いと言えるので、どの考えややり方が正しいとは判断できませんね。葬儀の流儀は生き方次第でもあります。ひっそりこの世に別れを告げるのも粋だと感じます。

生前中にしっかり自分の葬儀について考えてみるのもいいでしょうね。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.