緊急時と時間がある時の葬儀の相談について

近親者が亡くなり、至急にお葬式を行わねばならない時の相談と、自宅に高齢者がいて、お葬式とは、どのように行うのかの道筋を知っておくための相談があります。まず、至急に相談が必要な場合は、病院で紹介された葬儀社でなくてもいいですから、信頼できる葬儀社に電話をかけましょう。どこをを利用するかは時間のある時に調べたり、医師に延命治療をする意思があるかどうかを問われた場合に、前もって葬儀社の事を調べて、生前予約をしておくのも一つの方法です。退院時には、入院費用の清算をし、病室の荷物の移動方法を確認し、お世話になった先生や看護師さんに挨拶をし、脂肪診断書の受取と、誤字がないかなどの確認をしておきます。

次は、葬儀社と相談をして遺体の安置場所を決めます。遺体を安置後お葬式の詳しいやり方について話しをすればいいのです。この時に、故人の写真と印鑑(シャチハタは不可です)と多少の現金は持っておきましょう。時間がゆっくりある場合には、葬儀会館でも、自宅でも、喫茶店でも場所はどこでもかまいません。

事前に話をきいておくことで、お葬式のイメージが具体的になります。イメージ通りのお葬式を行うのに最適の式場が分かります。お葬式の費用についても、どのくらい必要か目安が付けられます。相談を行ったところに必ずしも予約はしなくてもいいのです。

幾つかの式場を比較検討して、近日中にお葬式が起きそうな場合は、生前予約をしておくと、緊急時に電話をかけるだけで寝台車が迎えに来てくれ、スムーズに事態が進行します。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.