葬儀の流れを知り滞りなく行えるようにする

葬儀の流れは、宗教宗派に関係なくある程度決まっています。病院で亡くなった場合には葬祭を実施してくれる業者に頼んで、遺体の搬送を行わなければなりません。通常24時間受付を行っている専用の電話番号がありますから、それを控えておきます。家に戻ってきたら枕飾りを行うので、北枕か西枕で寝かせることができる部屋に安置します。

布団はこれまで使っていたものを利用し、シーツやカバーは綺麗に選択したものを用います。業者が準備してくれることもあるため、確認しておくべきです。祭壇の整えは業者で行ってくれますから、知識が無くても心配いりません。葬儀の流れをきちんと決めるための打ち合わせも行い、喪主を確認したり世話役を決めたりなどします。

地域によってはすぐにご近所の人たちに連絡を取り、この打ち合わせの段階から一緒に話し合いに参加してもらい日時などを決める場合もあるので、習わしに従いましょう。宗教宗派に入っている人は、すぐに連絡を取って僧侶の都合の良い日を確認するか、家まで来てもらってお経をあげてもらうなどしてください。死亡届を行ったり火葬許可証をもらってくるのは業者が行う場合と、ご近所の人が代理で行ってくれる場合とがあります。忘れずに行わないと火葬ができなくなるので注意が必要です。

通夜や葬儀の流れが決まったら、必要な所に連絡をします。式を行っている間の礼儀作法は、それぞれの宗教宗派に合わせて業者が案内を行ってくれます。火葬場が離れたところにある場合には、バスや車の手配なども葬祭業者と話し合っておく必要があります。また、香典返しや法要に関しても打ち合わせ時に決めておく必要があります。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.