最低限の葬儀費用で執り行う一日葬

お葬式は派手で盛大になることだけが正しいわけではありません。精神的にいつかこの日が来るだろうという覚悟ができてはいても、本当にその日を迎えた時の遺族の心理的はショックや喪失感は強いものですし、そのような精神状態の中で体力も精神力も要求される葬儀を行うための仕事をするというのは過酷なことです。従って、故人本人の生前の希望や、遺族の意向で葬儀の簡略化したプランを選ぶパターンが増えています。通常の葬儀は通夜と告別式の為に二日分集まらななくてはいけませんが、通夜を省略して一日で告別式と初七日、火葬をこなす方法を一日葬と言います。

初七日の法要は主だった親類が集まっている告別式で同時にやってしまった方が遺族も親族もお互いが楽であるし、費用面や交通費などでも負担が減るのでセット化が進んでいますが、地方では別々にするところも多くありますので、その地域の傾向でも初七日まで含むかどうかは異なります。遺族の心身の疲労や負担が軽くて済むこと以外にも、一日葬なら必要最低限の費用で葬儀ができるという経済的なメリットも非常に大きいという特徴があります。また、葬儀そのものの費用だけではなく、参列に訪れた人たちの飲食代などのお金も通夜を省略することで告別式の一回だけしかかからなくなりますから、諸々の費用のことで頭を悩ませる必要もなくなります。もともと質素なスタイルを望んでいるケースもあれば、質素なものにするしかない場合もありますから、そんな時に一日葬の存在はありがたいものとなります。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.